松森俊逸がかつら疑惑否定|ハゲかくせ毛か検証!プロフィールや生年月日と画像

豊田真由子議員の政策秘書に、現役町議会議員の松森俊逸氏が就くことが決まりました。

青森県板柳町の町議会議員との兼任で給料の二重取りではないかと問題となっていますが、世間の人はそれ以外にその髪型に注目しているようです。 (σ ゚ー゚)σ

微動だにしない髪の毛…それゆえにかつら疑惑が浮上。 ”(゚c_,゚`。)プッ”
しかし!本人は否定しています。

どう見ても細工しているように見えましたよね~。

今回はプロフィールや生年月日と共に、画像で検証したものをお届けします。 (*^.^*)

みなさんも検証してみてくださいね~

Sponsored Link

松森俊逸氏のプロフィールと生年月日

松森俊逸(まつもり しゅんいつ)氏は青森県出身で、青森県板柳町の町議会議員を務めています。

生年月日は1956年1月16日です。
現在61歳です。

2002年に青森県議会議員の補欠選挙で無投票当選。

無無投票当選とは、選挙において立候補の届出者数が定数を超えなかった場合に、投票が行われずに、いわば不戦勝で候補者が当選する状態を指す。

もとから、選ばれてなった方ではないので、統一地方選挙での県議会議員選挙には落選しています。

そして2007年、2011年、2015年に青森県板柳町の町長選挙に出馬するも立て続けに落選。

2008年と2016年の町議会選挙には当選しています。

今回豊田真由子議員の政策秘書に就くことがわかり、来月にも辞職勧告をされるのではないかと言われています。

次の選挙で当選するわけもない豊田議員の秘書になっても、あまり大きなメリットは内容ですが、もしかして勝算があるのでしょうか…?

そもそも町議会議員との兼任に至った経緯としては、現在豊田議員の公設第一秘書である松森氏の妻から『パパ助けて』というSOSをもらったから、ということらしい。

「パパ助けて」と言うより「一緒に荒稼ぎしようぜ!!」ではないだろうか

公設第一秘書と町議会議員の給料事情

政策担当秘書の給料は初任給でも、月に約42万円ほどで、勤続すれば最高で月に60万円以上、年収としては1000万円以上になります。

次に高いのが「第一公設秘書」で、おおよその月収は36万〜55万程度。「第二公設秘書」は、27万〜40万の間が多いようです。

給料のほか、住居手当や通勤手当、期末手当、勤勉手当などが支給されることになっています。

青森県板柳町議会議員の給料は235,000円/月(2015年調べ)

辞任勧告はされていますが、まだ辞任していないので、政策秘書のぶんも合わせて

月65万円になりますね。

豊田真由子議員が復活するまでの間にもこの給料は発生するんですよね~

夫婦でボロ儲け? 議員が復活したら退職?そんなシナリオでしょうか ”┐( -“”-)┌ ヤレヤレ”

そもそも、本人と連絡が取れていないのになぜ秘書になることが決めることが出来たのでしょうか。

疑惑が多い案件ですね

Sponsored Link

松森俊逸氏はカツラ?画像検証

豊田真由子議員の秘書問題のなかで「このハゲ~」って言って問題になってましたよね?

なのにこれって?

青森県板柳町議会議員名簿と比較してみました。

左が名簿に掲載されいるものです。

2016年の当選後の更新であればどう見ても、、、?

元がそんなに禿げているわけではないので、もしかしたらご本人のおっしゃる通り剥げてないのかもしれませんね。

くせ毛を押さえ込むと左のようになりますよね?今回の報道ではスプレーを忘れていたのでははないのでしょうか?

皆さんの意見はどうなんでしょうか

本人いわく「スプレーで固めているだけ」とのことです。

髪がスプレーで固められているために全く動きがないため、さらにヅラ疑惑が加速しているのですね^^;

も一つ真っ黒にしすぎているのも原因なのでしょうね。

61歳にしては、髪の毛に元気がありすぎるのが疑惑の原因でしょうね。

この件に関しては、ご本人が否定されていますのでこれ以上は突っ込むのをやめておいたほうが良いかもしれませんね?

おわりに

いかがでしたか?

本人は否定されていますのであまり大きな声で言えませんが、疑惑は残りますね。

どうせ騒動が勃発するでしょうから豊田真由子議員が活動再開されたときにまた画像で比較してみましょう!!(笑)

豊田真由子議員はいつまで雲隠れされているのでしょうね。

雲隠れしていても秘書にも本人にも給料が出るし、今回秘書になられたこの人にも給料がでるんですよね。

国民の税金を何だと思っているのか! (*’へ’*) ぷんぷん

色々と気になることもありますので、引き続き追いかけていきたいと思います。

Sponsored Link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。