FNS歌謡祭2017冬の観覧応募方法!募集と当選確率や会場場所や日時

アーティストの忘年会のように、色んなアーテストが共演する「FNS歌謡祭」の放送が決定しましたね。

今年も2週連続生放送と言うことで、放送が楽しみです。

アーティスト同士のコラボが多数ありますので、一度くらいは生でみたいですよね。

「え、生で観れるの!? どうやって!?」というあなたに朗報です。
私が観覧に参加する為の応募方法を調べてみました。

Sponsored Link

FNS歌謡祭2017冬の観覧応募方法!

タイムテーブルと出演者の紹介しています

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まだ司会者も何も時発表されていませんが、大きな変更がなければ、森高千里さんとアンジャッシュの渡部建さんでしょう。

正式に発表されたらまた報告していきますね。

気になる観覧応募方法ですがそもそも、観覧できるのか?と思いますよね。

毎年観ている方はお分かりかと思いますが、FNS歌謡祭はホテルの大部屋を貸し切って行われています。

テレビに映るのはその年に話題になった歌手や、往年の歌手たちと、そうそうたる面子ばかり。

一般の観覧客が入っているシーンなど見たこともないですよね。

「そんな状態で観覧できるわけ無いじゃん」

と思いますよね~。

ところが2日目の12月13日はLIVE形式によるFNS歌謡祭となるため、フジテレビとしてもLIVE感を伝える、盛り上がっている状況を視聴者に伝えるためにも一般のお客さんを募集する可能性は高いです。

ここが狙い所ですよ!!

また、今年の7月29日に行われた「FNSうたの夏祭り」でも国立代々木競技場第一体育館で観覧募集が行われていました。

「FNSうたの夏祭り」を参考にした場合、7月29日開催の観覧募集締め切り日程は7月21日となっています。

FNS歌謡祭の放送日から1週間前には募集締め切りが行われ、開催直前の5日前頃に当選ハガキの発想をもって発表となっていました。

このような形で、開催直前に募集が発表されるとお思いますので、準備をしっかりしておきましょう!

FNS歌謡祭2017冬の募集と当選確率

昨日ほうそうが決定したばかりなので、まだ募集情報は解禁されていません。

基本はアーティストの公式サイトやファンクラブ、WEBサイトがメインとなっています

募集は放送日の1週間前くらいに告知されるようです。

こまめに公式HPをチェックして、情報が更新され次第報告しますね。

募集のタイミングも難しいですが、応募して当選する確率ってどれくらいなんでしょうね。

12月6日の会場は昨年と変わらずグランドプリンスホテル新高輪の「飛天」で行われるでしょう。

こちらは一般は難しそうなので諦めましょう。

12月13日がLIVE形式であれば、国立代々木競技場第一体育館(収容13,000人)で行われると期待したいですね。

紅白歌合戦の当選確率と視聴率からちょっと計算してみました。

  • 紅白歌合戦の過去8年の平均倍率 839%
  • 平均応募総数 1,074,990通
  • 平均視聴率 38.5%

FNS歌謡祭の平均視聴率は 11.6% 

紅白歌合戦の視聴率が38.5%で1,074,990通に対して、FNS歌謡祭の視聴率が11.8%なので、比率計算すると応募数は329477通となりますね。

今年の会場は国立代々木競技場第一体育館なので収容人数が13000人となります

329477通を13000人で割ると・・・・

25.3倍

意外と高い確率であたるかもしれません、

募集されることを祈りましょう!!

Sponsored Link

FNS歌謡祭2017冬の会場場所や日時

 

さて散々観覧方法や募集方法をお伝えしましたが、肝心の日時と場所をすっかり忘れておりましたすみません。

放送日時

第1夜12月6日(水) 19:00~23:28

第2夜12月13日(水) 19:00~23:28

会場

未発表ですが。昨年と変わりなければ、

第1夜 グランドプリンスホテル新高輪の「飛天」

第2夜 国立代々木競技場第一体育館

東京都渋谷区神南2-1-1

終わりに

今回は、FNS歌謡祭2017の観覧の応募方法など気になることについてまとめてみました。

昨年も応募してみましたが、ざんねながら・・・・

今年こそはと思いながら、アーティストのHP訪問を欠かさず行っています。

当選したらまた報告していきますね~

それでは次はベストアーティスト出演者やタイムテーブル情報をお届けしていきますね。

Sponsored Link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。