強毒ヒアリ!刺されたときの対処法と毒症状!発見したときはどうする?画像

危険な猛毒をもつヒアリが尼崎港で5月25日に中国からの貨物船から見つかりましたね。
6月5日には消毒され、他に侵入がないか継続して調査が行われていました。
たかが蟻ということであまり話題になっていなかったのですが、地元民としてはちょっと怖くなりました。

駆除されたかと思っていましたが、6月18日に神戸港で100匹も見つかりました。

消毒され死滅したとはいえ、こんなに小さいサイズは見逃されすでに他の場所にも移動しているのではないかと思うのは私だけですか?

繁殖力が高そうなので、尼崎でもまた見つかるような気がします。

そこで発見場所や毒症状対処法、発見したときなどの紹介を画像とともにまとめてみました。

Sponsored Link

強毒ヒアリ!刺されたときの対処法と毒症状

 

出典:Academist Journal

数年前に発見されたセアカゴケグモよりも強毒な外来種を上陸させてしまいました。
現在港での発見だけですが、林縁や川縁の赤土が露出した場所に巣を作り繁殖していくので、港から出てしまっていた場合とても危険です。

魚釣り等で突堤に行く方、コンテナ港で働いている方は特にご注意ください。

働きアリの体長は2.0−6.0 mmと小さいので、すでに風に飛ばされて拡散されている可能性もあります。

色が赤茶色、お腹は黒色 
日本のアリよりは赤っぽいので、それらしきアリをみた場合は通報を!

ヒアリの毒は、ソレノプシンと呼ばれ、アルカロイド系の毒である。
南米産のアリで生息する域によっては毒の強くないものも多いそうです。

今回見つかったのが中国からの荷物ということで、強毒性に変異している可能性は高いでしょう。

ヒアリに刺されたときの症状

熱いと感じる激しい痛みやかゆみ(軽度・初期症状)

10時間ほどで膿がでる。⇒ここで終わる場合が多い

部分的または全身にかゆみを伴うじんましん(中度

呼吸困難・血圧低下・意識障害(重度)

アナフィラキシーショックによる死亡?

ハチに刺されたことがある人は特に注意です

アリに対するアレルギーを持っているかによって重症度が異なるようです。
蟻に刺されて死亡なんて、いくらなんでも怖すぎます。

国内では今回が初ということで死亡なんてアリませんが

「アメリカ合衆国では年間100名を超える死者と5000−6000億円もの経済被害」が出ているようです。

しっかり駆除されることを願いましょう。

ヒアリに刺されたときの対処法は?

刺されたあと20~30分は安静にして体調の変化に注意!!

容体が急変したらすぐに病院へ!!

少しでもおかしいと思ったら病院へ駆け込みましょう
救急があるところで「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーショックの可能性がある」ことを必ず伝え、すぐに治療してもらいましょう。

Sponsored Link
 

強毒ヒアリ!発見場所

日本国内で初確認

海外では刺されたショックにより死亡する例もあり

尼崎ってなぜこんなに変なニュースでいつも有名になるのだろう(泣)

専門家によると、「上陸させてはいけない外来種」とのこと。怖えぇぇぇぇ

 強毒ヒアリ!発見したときは?

通報

ヒアリを見つけた場合、地方環境事務所に通報しましょう。
場所別になっています→地方環境事務所

駆除方法

即効性があるのは、熱湯、殺虫剤。
ヒアリや巣に直接かけます。
(ヒアリに直接熱湯が当たらない巣の奥部などは駆除できないようです)
市販の殺虫剤より専門業者による高圧散布のほうが効果が高いようです。

即効性はないですが、顆粒やゼリー状のベイト剤(毒エサ)でも高い効果が期待できるとのこと。
行列内や、巣の周辺時間に置くと、時間はかかるものの、確実に駆除できるそうです。

参考元・https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

おわりに

いかがでしたらか?

このヒアリは集団になると小動物でも駆逐するそうです。ちょっと怖すぎます。
しかも日本国内では天敵はいないようです。

「羽の無くした蜂=アリ」という生体変化だそうで、ハチに刺されたことがある場合はアナフィラキシーショックを引き起こしやすくなりますので、発見された場所や、赤土の周辺などには当分近寄らないことをオススメします。

こういった外来種は基本的に検疫所で駆除されていたため、実際に上陸してしまうと迅速な対応が必須となります。

今後東京オリンピックやTPPへの参入によりコンテナの輸送は増加する傾向にあります。
水際対策をしっかりととって今まで通り安全な日本を保ってほしい限りです

環境事務所の方々頑張って駆除してください。

それでは、続報が出ましたら随時更新していきます。

Sponsored Link
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。